ブスは「性格ブス」の意味

ブスは「性格ブス」の意味

男性美容師も人間ですからお客さんに対して良し悪しを口にする事もあるようです。ですがそういった時に話題になるのはそのお客さんの容姿が「ブス」かどうか、という事ではなくそのお客さんの性格について困ったことなどを話す様ですね。ですから時には男性美容師にとって「ブス」という言葉はそのお客さんに対して「性格ブス」という意味合いで使っているようです。客としての態度があまりにも横柄であったり、客だから何でもアリだと思っているような人であったり、話の内容が周囲の人の悪口ばかり、といったお客さんはやはり美容師たちの間でも話題になってしまう様ですね。もちろんプロですからそのお客さんに対して何か仕返しをするとか意地悪をする、といった事はけっしてしないとは思いますが、愚痴の一つでも言いたくなるようなお客さんが実際に存在する様です。私達はいくらお客だからと言っても、そのような態度はとらないように気を付けたいものですよね。たとえそういったお客さんでさえも平等に接している、と美容師は言うかもしれませんが、やはりどこかしら意識してしまう事も有るに違いありません。美容師に気持ち良く仕事をしてもうことが自分のスタイルの仕上りに影響するとも考えられます。常識的なお客さんであることが大切でしょう。

 

卑屈になっている女性客

 

男性美容師の本音としては、女性客は「ランク付けされている」という被害妄想を起こしている事が多いようです。つまり奥の席に通されて事によって「私はブスらから?」と奥の席に通されたことに対する理由を自分でつけてしまう傾向があるようなんですね。美容室へ来る目的は「キレイになる事」のはずです。それなのに席に座ったところからすでに「私はブスだから」というようなマイナス思考や周囲と比べて卑屈になってしまう人と言うのは、それだけでも美しさが半減してしまっている、と男性美容師の目には映ってしまう様です。せっかく美容室に来たのだから席が何処であろうと関係なく前向きな気持ちで「キレイ」を目指して欲しい、というのが男性美容師の望みの様ですね。そして多くの男性美容師が感じているのは、そうやって卑屈になる女性客の多くは、決して他の人とくらべて引けを取るような容姿ではなく、どちらかといえば美人の人が多い、という事があるようです。そうやって「どうせ私は」という考えかたこそがその人をブスにしてしまっている、というのが男性美容師の本音なのかもしれません。これは女性客の年齢にもよる様です。若い女性客に対して「どうせオバサンのお客さんは奥の席なんでしょ?」というような感じですね。これもまた男性美容師にしてみれば身に覚えのない事がほとんどのようですね。

 

今日明日行けるサロン

 

全てに徹底的にこだわった次世代サロン
中目黒にある美容院
お店やホームページを常に最新の状態にしませんか?
ヘアカタログ
「安いから不安だ…」なんて言わせない!!
新小岩にある美容院