アレルギー

アレルギー

体力面と似ていますが、美容師として働くためにはどうしても水、お湯、薬剤を使います。それらを使えない、というのでは実際の所仕事が出来ない事になります。たとえばそういったものを触ることでアレルギー症状を起こす人は難しい、という事になります。アレルギーとまではいかなくても手荒れがひどい、肌が弱い、という体質の人もいます。自分の体質に気付かないままに美容専門学校入学し、一生懸命に勉強したにもかかわらず実際に働き始めてからそういった症状が出てしまった、という人もいます。学校で練習しているのと美容室で練習しているのとでは頻度が違うのでしょうね。もとからそういう体質が気になる人であれば美容専門学校に入学するまでに自分の体質について調べておくのが理想でしょう。せっかくの夢をあきらめてしまう事になるかもしれませんが、実際に入店してから悩むよりも、何か事前に方向転換する事が考えられる方が良いかもしれません。たとえば美容師、というポジションではなくても、美容室で働く事は可能かもしれません。また水や薬剤を使う頻度の少ないポジションで美容室に入店する事も出来るかもしれません。こういった体力的な事や体質的な事は、本人が美容師になりたいと言う思いが強ければ強いほど悲しいものですよね。

 

体力と精神力

 

どんな仕事でも同じかもしれませんが、その仕事に就いて自分がやっていけるかどうかを考える時には、「体力的に大丈夫か」という事と「精神的に大丈夫か」という事を考えなくてはならないでしょう。美容師と言う仕事を考える時に、まずは「体力的に大丈夫か」という事を考えるべきでしょう。美容師と言う仕事を傍から見ている分にはとても溌剌と笑顔で働いている人が多いものですが、その人達の姿勢や動作などをよく観察してみると、とても体力的に大変そうだ、という事に気付くと思います。まずほとんどの美容師は立っています。カットの時に椅子を使う美容師もいますが、カットの時間と言うのはそんなに長時間ではありません。そして立っている、というよりは中腰の姿勢でいる事もかなり見かけます。そして何よりも手先をかなり使っています。当たり前ですがシャンプーする時もハサミを持っている時も、ロッドを巻いている時も手を使っています。ですから手を使う事が苦痛ではない事、そして立ち仕事が出来る事、中腰の姿勢も問題ない、という事が条件となるとも言えるでしょう。もちろん日々の疲れというのは有ると思いますし、克服したり自分で予防したり、という事も必要ですが、そもそも腰に問題を抱えている、といった人は残念ながら美容師には向かない、と言えるでしょう。

 

BEST CHOICE SALON

 

一流の美容師になるためのスキルを身に着けられます
上野駅 美容師 中途 求人
あたたかく親しみやすい雰囲気でリラックス♪
与野本町にある美容院
これまでよりお客様にご満足頂けるようパワーUP
鶴瀬にある美容院