多様化する美容師

多様化する美容師

多様化する美容師

 

美容師の働き方、というのは本来や美容室にやってくるお客さんの髪の毛をキレイに整える事が仕事でしたが、最近の美容師の仕事と言うのはとても多様化してきているように思われます。特別なパーマを扱う美容師にしてもブラックミュージックなどが日本人に受け入れられるようになったと言う文化的な背景がありますし、福祉美容師が多く求められるようになってきたのもこれからの高齢者社会に対応しなくてはならない面が大きいと思われます。またその他にもサービス分野で言えば人生における節目の行事に写真を撮る事が定着してきた中で、写真を取るためのオシャレの一環としてヘアメイクが求められるようになり、写真館やスタジオなおでも美容師が求められるようになってきています。またかつては美容室に行くのは女性だけ、と言う風潮がありましたが現代では男性が美容室に行ってもなにも不思議はないぐらいの世の中になりました。それにともなってメンズサロンなど男性だけを対象にした美容室も増え、美容師と理容師の中間的存在の様な美容師も求められるようになってきたお思われます。細かいところで言えばカラーリングなどの薬剤も日々進化していますし、パーマの種類も増えてきています。美容室によってはカットではなくヘッドスパなどに重点を置く美容室も出てきていますし、美容師の働き方はとても多様化していていると言えるでしょう。

 

管理美容師の役割

 

管理美容師になるためには一定の講習を三日間程度受ければ良いのですが、その取得の手軽さを比較してその役割は大きいと思われます。美容師と言う所はお客さんの髪の毛を扱う場所ではありますが、実際には薬剤を多く使用しますし、お客さんにじかに触れる仕事をする場所でもあります。そういう場所において衛生面の管理というのはとても重要になります。公衆衛生に対する知識を持つことは、本来は従業員全員に求めても良いぐらいのことなんですよね。その中でもお店全体を見回して美容室における業務が衛生的に行われているかどうか、と言う点に常に気を配り、よくないところがあれば改善する様に経営者に求めたり従業員に注意をしたりすることが管理美容師の役割となります。どんなにスタッフ個人に知識があったとしてもそれに対して責任を負う立場の人がいなければ、なあなあになってしまう可能性が高いですね。美容師の業務と言うのはとても忙しく「これぐらい後でもいいや」とか「今日だけこれは許してもらおう」といった気持ちが起こってくるのも仕方のない部分でもあります。ですがそれが積もってくると衛生的に良くない状況に落ち居てしまう事もしばしばあると思われます。管理美容師がいかに美容室の衛生を責任を持って守る立場にあるか、と言う事でその美容室の信頼性も変わってくると思われます。

 

PICK UP SITE

武蔵浦和で美容師の正社員転職

武蔵浦和で正社員で美容師の転職