前髪をブローする

前髪をブローする

前髪のクセを取るためにはまずは毛根を濡らします。それからタオルドライでまずは水分を拭き取ります。軽いクセならばタオルドライをしながらでもクセを直す事ができます。その時にはタオルドライをする時に必ず根元から乾かしますが、その時に髪を左右に交互に倒しながら拭いていきます。そうるすと髪の根元のクセがとれて、乾いた時に自然な前髪になってしまう。根元の方が乾くころには毛先の方も乾いている事が多いので、そんなに時間はかかりません。またそれだけではクセが落とせない、という時にはブラシを入れながら整えます。根元にブラシを入れて根元をしっかりとブラシに絡ませます。そしてよく髪のトップ部分をブローする時にはブラシを上に持ち上げる様にして根元にドライヤーをあてれば髪の毛がふんわりとしますが、前髪の場合はあまりにも根もとから立ち上げるような癖づけをしてしまうと、前髪が浮いてしまった感じになってしまうので温風を当てすぎないようにしましょう。ブラシはこまめに外して根もと、真ん中、毛先、と小分けにしながら温風を当てると上手く仕上がるようです。そして忘れてはいけないのは温風でブローをした後は、冷風を前髪全体に当てましょう。そうすることによって温風で開いてしまったキューティクルを引き締める事が出来るので、綺麗に仕上がります。前髪に色々な癖が出てしまう原因の一つに、前髪の量が減ったから、という事があると思います。男性の場合はこの現象がとても辛いようですね。そういう時に男性の方なら前髪の量がそもそも少ないのですから長さも短くした方が良いでしょう。長い髪の毛と言うのはどうしても重さがありますから、根もとから髪が折れてしまったようになってしまうので、前髪がおでこに張り付いた様になってしまう事がおおいのです。ですからできるだけ前髪を軽くしてやることで、前髪がおでこに張り付くのを防ぐとよいでしょう。またスタイリング剤を使って、いっそのこと前髪をバックに上げてしまうスタイルにしてしまうのも良いでしょう。美容師さんに相談して似合うスタイルを検討してはどうでしょうか。女性の皆さんなら、よく前髪を全部横に流して、ボリュームがあるように見せるスタイルを作る方法があります。まだ薄くなっているとはいっても、それほどひどくない時期には、後ろの髪を前に持ってきて、前髪を多めに作る、という方法も有ります。まだ前髪全体をアップにして後ろやサイドからも髪をとって、トップにボリュームを持たせるようなスタイルにする事で、若々しく見せる事も出来るようです。女性の場合なバラエティーに富んだヘアスタイルが出来るのでいいですよね。吉祥寺 美容院