髪の毛が傷んだときの対処方法

髪の毛が傷んだときの対処方法

長い時間紫外線にさらされた髪の毛は内部から傷んだ状態になります。そんなときにはトリートメントを使ってすぐに補修してあげることが必要になります。トリートメントはリンスやコンディショナーとは違って髪の毛に必要な水分や栄養を含んでいて髪の毛の傷みを解消する効果が期待できます。海水浴などで強い紫外線にさらされた髪の毛を補修するために、すぐにトリートメントを使ってあげるといいでしょう。しかし自分の手ではヘアケアにも限界があります。夏にダメージが蓄積した髪の毛はプロの手によって解消してもらうことが一番効果的でしょう。美容院に行って美容師にヘアケアをしてもらうとそれまでどうにもならなかった髪の毛の問題を解決することができるようになります。美容院で使われているトリートメントは市販のものに比べて浸透力が高くそれだけ髪の毛を内部からケアしていくことができるようになります。プロの美容師は髪の毛の状態に合わせて適切なケアをしてくれるため自分では気がつかない些細なダメージも修復することができるはずです。本当にひどいダメージを受けた髪の毛はプロの手を借りても簡単には回復させることができません。髪の毛は新しく生えてくるものなので時間をかけながら回復を待つということも必要になります。ヘアケアをするときにはあせらずに時間をかけながら傷みを解消していくような心構えを持っておくといいでしょう。日ごろの努力でヘアケアの手間は大きく省くことができますよ。髪の毛は目に届きにくいということもあって肌ほど変化に敏感になれないという人も多いかもしれません。でも目に見える変化が出てきたときにはしっかりと対処していかないといけません。髪の毛のメンテナンスで重要なこととはどんなことでしょうか。一つ目にこだわりたいのがシャンプーです。シャンプーは洗浄力を重視したものではなく頭皮に優しいものを使うのが理想的です。頭皮の皮脂を全部洗い流してしまう洗浄力の高いシャンプーは髪の毛を傷めてしまう原因となります。頭皮に優しいシャンプーも多く販売されるようになっているため少し高くてもいいシャンプーを使うようにしてみましょう。入浴後のドライヤーも注目ポイントです。髪の毛を乾燥させるためにドライヤーを使うわけですが乾燥させすぎてしまうのは髪の毛を傷める原因になります。時間をかけずにすばやく全体を乾かしていくことがポイントになります。頭皮を乾燥させた後に髪の毛の根元から毛先にかけて乾燥させていくようにするといいでしょう。最後まで熱風を使ってしまうと髪の毛はカラカラに乾いてしまうため最後は冷風を使って髪の毛を引き締めてあげるとうまく仕上がります。寝ている時には髪の毛が不自然な曲がり方をしないように気をつけてください。結合の緩んだ入浴後の髪の毛は癖に弱く、不自然な曲がり方や絡まり方をしているとそのまま寝癖になります。しっかりと乾かした上で寝癖にならないよう眠るようにするといいでしょう。岩槻 美容院