インスタグラムの利用者

インスタグラムの利用者

最近話題のインスタグラムのユーザーたちの多くは20代の女性だと言われています。20代の女性と言えば一番色々な事に興味があって、割と自由に使えるお金も持っていて時間もそれなりにあり、ファッションや美容など自分を高める事に時間やお金を使う事が出来る年代だと言えるでしょう。そういう20代女性たちは、美容室にとってもとても大切なお客様になり得る年代だという事が出来ると思うんですね。つまりインスタグラムのユーザーと美容室にとっての一番のターゲットである客層はぴたりと重なる、と言っても良いかもしれません。ですから最近は、美容室にとってはインスタグラムでの集客を模索するところが増えているんですよね。おそらく皆さんも美容室がプロモーションのためにインスタグラムを使っているのを見たことがあるのではないでしょうか。インスタグラムは誰でも簡単にアカウントを開設する事が出来るのも魅力の一つですから、ユーザーが多いのも集客には心強い味方です。ユーザーたちに興味を引く様な情報をインスタグラムで発信する事は、もはやブログやラインと言ったこれまでのSNSツールと同じぐらいの効果を持つと考えられます。ですがその特徴が写真であるがゆえに、注意したり慎重に扱わなくてはいけない部分も有ると思われます。インスタグラムと言えば一番肝心なのは投稿する写真です。この写真が常にセンスがあり、人を惹きつけるものでなくてはいけません。勿論プロのカメラマンほどの技量は必要ないかもしれませんが、それでもパッと見て普通の写真、とかダサい写真、というのでは少なくとも繰り返し見てくれる人はいないでしょう。難しいのは美容室や美容師のインスタグラムに興味を持つと人というのは、20代の女性が圧倒的に多く、彼女たちは普段からヘアカタログとかファッション雑誌で様々なスタイリング写真を目にしている、という事です。つまり彼女たちはそういう写真を見慣れていて、すでにトレンドも頭に入っているんですね。そういう「見る側のプロ」とも言える彼女たちの目に留まるような写真を投稿する事は、実はとてもハードルが高いかもしれません。実際には多くの美容師がインスタグラムを使用していますが、うまくファンを付けているものはごく一部なのかもしれません。もちろんカメラマンであることが本業ではありませんが、インスタグラムを使用する限りは、どの様に撮影したら人々の目に留まるか、という事ぐらいはリサーチしないと、せっかく時間を使って投稿しているインスタグラムの利用価値が半減してしまうのではないでしょうか。三軒茶屋 美容室