異業種への転身

異業種への転身

何らかの事情で、もう美容師は続けられない、と思った時には異業種への転職となりますね。異業種と言ってもせっかく身に付けた美容師としての技術です。それを生かす方法で考える事も出来ます。美容師の資格や技術が活かせるのは、なにも美容室の中だけではありません。それを踏まえて経営の勉強をして自らお店を経営する事もできるでしょう。またブライダルとか写真館の様な所でも美容師の技術を持ちあわせた人を募集しているケースがあります。せっかく身に付けた美容師の技術を生かしたい、と思うならばそういう方向性を探ることも一つの選択でしょう。逆にも美容師の仕事からは手を引きたい、と言う人もいるかもしれません。そういう時にはまずは一から自分に何ができるか、と言う事を考えなくてはいけません。ですが美容師の仕事と他の仕事は全く別だ、と思う事は危険です。美容師として働いていた時に上司とうまくいかなかった、仲間と上手く付き合えなかった、と言う人は、美容師と言う仕事に問題があった訳ではなく、自分自身の人との付き合い方に問題があった可能性もあります。そこを見つめ直す事をしないで、いくらほかの業界に入ったとしても上手く行かない事も出てくる可能性があります。異業種への転身を図るなら、まずはなぜ美容師を続けられなかったのか、と言う事をきちんと清算しておきたいものです。今働いている美容室を退職する、となった時に次の道を考えなくてはいけません。その際の選択枠として、別の店で美容師として働くか、美容師ではなくて全く別の業界に行く、という選択となるでしょう。もちろんしばらくは考えるために職から離れる、という選択をする人もいるかもしれませんが、ずっと無職のままで生活するわけにはいきませんからね。その中で別の美容室へ変わる、と言う選択をした場合には、おそらく採用面接で「なぜこれまでの美容室を辞めたのか」という問いをされることが考えられます。その時の理由が「勤めていた美容室が閉店したから」と言う事であれば、確かにどう考えても退職しなくてはいけない理由となりますが、自己都合で退職した場合には、その理由如何でその人の人柄が問われる事があります。「上司との間に問題があった」と言うケースもあるかもしれませんが、実際に採用担当者がその話を「上司が悪かったのなら仕方がない」と思ってくれるかどうかはわかりません。「上司と合わなければすぐに辞める人」と思われてしまう事もあるかもしれません。辞めた理由を語るときには、いかにも自分は間違っていない、と言う言い分を通すよりも、勉強になった、と言う低姿勢な言葉で述べる方が印象が良いかもしれませんね。 床屋 鶴瀬駅 シェービング カット ヘッドスパ メンズ 安い 人気